TOP 屋久島トレッキングツアー│旅プラスワン
屋久島トレッキング

屋久島の大自然を楽しむなら、トレッキングには参加したいですよね。定番は縄文杉トレッキングや白谷雲水峡トレッキング!旅プラスワンでは、各ツアー会社ごとの特徴もご紹介。様々な屋久島トレッキングツアーからお好みのプランを探していただけます。また、トレッキング以外にもダイビングやカヌー・シュノーケリングや清流の沢登りウミガメ観察ツアーなどオプショナルツアーが充実しています。

屋久島・縄文杉トレッキング

縄文杉トレッキング

屋久島のシンボルともいうべき「縄文杉」を目指すコースですが、縄文杉のトレッキングコースは意外とハード!「トロッコ道」と「登山道」を片道11km登り、ようやくたどり着きます。往復22km、約10~11時間かけて歩く長い道のりになるので、体力に自信のない方や、お子様連れの方は他にも白谷雲水峡やヤクスギランドに行くツアーもあるので、自分の体力と相談してコースを選びましょう!山小屋に1泊するツアーもあります。

縄文杉日帰りトレッキングツアー

縄文杉1泊トレッキング

屋久島・白谷雲水峡トレッキング

白谷雲水峡トレッキング

白谷雲水峡トレッキングは縄文杉トレッキングに比べて距離が短く、「体力にちょっと自信がない・・」という方やトレッキング初心者も比較的参加しやすいコースです。ただ、太鼓岩まで行って戻ってくるかもののけの森で折り返すか、どちらのコースにするかで所要時間がかなり変わってくるので、お好みに合わせて選ぶことをおすすめします。太鼓岩コースは急な坂もありますが、その分目の前に広がる絶景を楽しむことができます。もののけの森コースはお子様と一緒に参加したり、半日はほかのアクティビティを楽しむこともできます。

太鼓岩まで もののけの森まで
往復の距離 約6~7km 約4km
所要時間 約6時間 約3時間
料金相場 8,000円~13,000円前後 5,000円~8,000円前後

宮之浦岳登山

宮之浦岳登山

宮之浦岳は標高1,936mの屋久島の最高峰であり、九州の最高峰である山。屋久島のほぼ中央に位置しています。起伏も多く、道のりは手軽なものではありませんが、登り切った人だけが見られる山頂の景色は絶景です。参道ではサルやヤクシカなど野生の動物とも出会えるかもしれません。

屋久島トレッキング・アクティビティを催行している会社

屋久島トレッキングコース地図

屋久島トレッキングコースマップ

屋久島の定番トレッキングコースといえば縄文杉コース、白谷雲水峡コースですが、トレッキングはほとんどしたことないし不安・・という方はヤクスギランドをハイキングするのもおすすめです。短いコースだと30分ほどで周遊でき、屋久島の自然も楽しめます。宮之浦岳登山は知識も体力も万全な人向き。自分に合ったトレッキングコースを探してみてくださいね。

屋久島トレッキングの服装・持ち物

九州の南に位置する屋久島は暖かいと思っている人も多いのでは?夏のトレッキングでは基本的には半そで1枚で過ごせますが、気温が下がった時や日よけのために上からはおれる長袖シャツは持っておくと安心です。また、屋久島では激しい雨が降ることがあります。そのため、レインウェアは必須です。また、防水のためビニール袋を持っていくこと、ザックカバーも用意しておきましょう。

屋久島トレッキングの服装

屋久島トレッキングの服装

トレッキングシューズ(防水)、ソックス(厚手のもの)、レインウェア(セパレートのもの)、長ズボン・スパッツ(登山用)、長袖、防寒具(小さく折りたためると便利)、帽子、ザック
屋久島トレッキングの持ち物

屋久島トレッキングの持ち物

ビニール袋、タオル、ペットボトルまたは水筒、行動食(チョコレート・あめ等)、ティッシュペーパー、お金
その他、あれば便利なもの

その他、あれば便利なもの

ヘッドライト、折りたたみ傘、日焼け止め、ポール

トレッキング用品を全て揃えられない、持っていくのが大変、という場合は屋久島のレンタルショップで借りることもできます。また、ツアーに装備レンタルが付いた会社も!

屋久島トレッキングのよくある質問

ガイド付きトレッキングツアーに参加すると何がいいのですか?
屋久島のことを熟知しているガイドと歩けるので、自然や動物、文化などより深く屋久島のことを知ることができるのが魅力です。また、山のことやコースのことをよく知るガイドと歩くことで安心感もありますね。ホテルまでの送迎があることも利点の1つです。
貸切ガイドツアーとその他のツアーは何が違いますか?
貸切ガイドツアーは1組に1名以上のガイドで案内するツアーです。貸切ではないツアーに比べると値段は少し高くなりますが、トレッキングに少し自信がない、自分のペースで歩きたい、といった方には貸切がおすすめです。
朝食・昼食はどうすればいいですか?
縄文杉トレッキングは、早朝出発なので、朝食・昼食が必要になります。食事付きのツアーもありますが、ほとんどのツアーはお弁当を自分で用意していきましょう。泊っている宿で手配可能ならお願いしておきます。朝食付きのプランなら朝食をお弁当にしてくれる宿も!
ページトップへ